2014年08月17日

富士山 登山がメッチャ楽になるノウハウ6点

yun_7371.jpg

富士山、登ってきました。(登ってる様子はこちら
土砂降りでしんどかったですが、やはり登って良かったです。富士山は今や世界遺産ですから日本一の山でもあるし、世界の宝でもある訳ですしね。先日外国人の友人に「え!? 日本人なのに富士山登った事ないの!?」と、言われまして、まぁそうだよなと思って今回登った訳です。

で、登った結果、これは今度登る人に伝えた方がいいなってノウハウが結構得られたのでここにまとめます。

富士山 ハック
・3日は禁酒!
・常に食べ続けよう!
・カーボローディング万歳!
・登山ルートは暗記必須!
・常にハァハァすべし!
・トレッキングポール(登山用ストック)は必須


私の富士登山結果

私が登ったのは須走コース
image.jpeg
一番人気の吉田口よりも標高が300m低い所からのスタートとなるのでコースとしては厳しいものの下山道が砂走となっていて楽しそうだったので須走にしました。

8/14
5時半起き
6時15分頃 自動車で自宅を出発
(行楽渋滞にはまる)
IMG_3725.JPG
8時半 須走駐車場 着
IMG_3726.JPG
9時 シャトルバス出発
9時半 須走口5合目着
 名物のキノコうどん(900円)を食べる
IMG_3727.JPG
10時 登山開始
IMG_3728.JPG
IMG_3733.JPG
IMG_3737.JPG

14時50分 登頂
IMG_3742.JPG

山頂は土砂降りで味噌ラーメン食べながら待つも降りやまず何もできずそのまま下山。帰りは2時間半で無事須走口まで戻ってこれました。


富士山 ハック
その1.3日は禁酒!

富士登山では登りだけで4000kcal位のエネルギーが必要です。成人男性の1日の食事のカロリーが2000kcalですから2日分の食事が運動だけで消える計算になります。このエネルギーをどう補給するかが富士登山を楽にするポイントと言えます。
肝臓は質の良い栄養を蓄える事ができる貴重な臓器です。しかし、アルコールを飲むと肝臓がアルコールの分解に取られてしまうので貯蔵できる栄養が減ってしまいます。ですからできたら登山1週間前から、無理なら3日前から禁酒をしておくと登山時に楽になるでしょう。



その2.常に食べ続けよう!

必要なエネルギーはどんどん補給した方が楽になります。だから、行動食を常に食べるようにしているのが最高です。チョコでもゼリーでも何でも構いませんが、歩きながらどんどん食べましょう。いろんな種類の食べ物を持っていくと飽きなくていいですね。


その3.カーボローディング万歳!

事前になるべく体内に栄養を貯蓄しておいた方が楽です。登山の2日前から炭水化物をガンガン食べましょう。白米、パン、うどんなど炭水化物の多い物を多量に摂ってください。私は1日5食食べてました。


その4.登山ルートは暗記必須!

登山道には基本看板がついているんですが、これを盲信はできません。実際私は2度ミスコースしましたし、「道を間違えた、酷い!」と激怒している人にも会いました。富士山の道は実は非常に複雑なのです。一番立派に見える道はブルドーザー道路で立ち入り禁止だったり、看板通りに行くと本来行くべきではない歩きにくいコースを歩かされてしまったり、肝心な分岐点に看板が無い事もあります。そして、限界ギリギリで歩いている人に複雑な判断は無理です。なので、コースは事前に何度もシミュレーションして暗記しましょう。そして、スマートホンのGPSを活用してチェックをする癖をつけましょう。
私はYAMAPというアプリを使ってチェックしていました。ただ、アプリも雨だったりするとリアルタイムに常にGPSを追跡できないようなので過信は禁物です。
山ではすべて自己責任です。「前の人について行けばいいや」というのは絶対やめましょう。


その5.常にハァハァすべし!

富士山は日本一の山、特殊な人を除いて必ず高山病に罹ります。人によって重さは違えども必ず何らかの症状が出ます。頭が痛くなったり目まいや吐き気がします。ではどうしたらいいかと言うとハァハァと息を切らせていればいいのです。歩くのを止めて大きく深く深呼吸をしていれば高山病には罹りません。もちろん、症状が重くなってしまった人はもう深呼吸では治りませんが、初期の段階で深呼吸をしていればすぐに治ります。
私の経験から行くと、行動食を食べたり水を飲んだりした際に2,3秒呼吸を止めるともうアウトでした。だからなるべく息を止めない様に素早く小刻みに飲食するスキルが求められます。逆に言うとそれだけ呼吸にシビアな環境だという事です。


その6.トレッキングポール(登山用ストック)は必須

多くの人がトレッキングポールを持っていますが、持ってない人、金剛杖にしちゃってる人も結構いました。もし、楽に登りたいというのであれば絶対トレッキングポールは必須です。金剛杖に拘りたい人は焼印用のミニチュアな物にしてでも実際に使うのはトレッキングポールにすべきです。
トレッキングポールを使うとはどういう事かと言うと4本足になる事なのです。腕を使って体を持ち上げられるようになるので登りは凄く楽になりますし、荷物の重さも軽く感じられます。下りでは転ばぬ先の杖となって下山が安全で速くなります。安いアルミ製の物で構わないのでぜひ、買って持って行ってください。

以上、富士登山がメッチャ楽になるノウハウ6点でした。
もちろん、装備はちゃんとした物をしっかり持っていくとか基本が一番大切ですが、その上で楽になる方法をまとめてみましたので是非参考にされてください。

ラベル:富士山 富士登山
posted by ゆん at 00:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。