2017年07月01日

着替えの要らない出張・旅行の画期的やり方

長期の出張・旅行ではどうしても着替えをどうするか悩まされますよね。
今回、着替えが要らなくなる方法を試してみたので参考にしてください。

着替えを要らなくするには単純に寝ている間に洗濯済みになっていれば良い訳です。でも、ホテルで洗うと脱水機が無いので朝になっても濡れていますよね。今回、これを乾かす方法を見つけました。
方法は単純で、吸水速乾タオルに水分を吸い取らせてしまうだけです。

今回、私が使ったのはこちら

リーフツアラー 速乾タオル 超うす旅行用 速乾バスタオル RA-001

amazonで2,000円で買いました。

どうやっているかをご紹介します。

◆速乾洗濯のやり方

準備する物
・速乾タオル
・ホテルのタオル
・洗濯物干グッズ(ヒモや紐付き洗濯ばさみ等々)

1.スーパーの袋に洗濯物を入れ、お風呂場で熱々のお湯を注ぎます。
2.シャワーで自分の体を洗いながら、たまに洗濯物を揉みます。(凄い熱いので無理しないでください)
3.身体を洗い終わったら洗濯物のお湯をこぼし、生地が傷まない程度に絞ります。
4.身体を拭き終わったら、少し濡れたホテルのバスタオルを広げ、そこに洗濯物を開いて並べます。
5.バスタオルごと洗濯物をくるくると巻きます。
6.その上に乗って踏み踏みします。→バスタオルが凄い濡れてきます。
7.洗濯物を取り出して速乾タオルを広げてまた同様に巻いて踏みます。
8.速乾タオルが凄い濡れてきます。→洗濯物は脱水機にかけた程度に水分がとれます。
9.干します→朝には乾いています。


◆コツ
・そもそも乾きやすい下着を持っていきましょう(スポーツ用の物など)
・下着以外は何着か持って行ってローテーションしていると洗濯の必要があまり無いです
・脇などには制汗剤を塗っておいてそもそも汚くならないようにしておきます。
・お湯だけでは汚れが気になる場合は重曹を入れましょう。洗剤でもいいですが、重曹の方がすすぎが楽です。
・リーフツアラーの速乾タオルは最初に使う前によく手洗いしてください


◆所感
以前はコインランドリーを使っていましたが、持って行って洗剤入れて機械回して、30分待ってもう一度行って乾燥機へ入れ替えて、また30分待ってといった事をやっていると結構しんどかったです。この方法は部屋から出る必要が無いので凄い気が楽です。
特にセキュリティが気になる女性には向いているかもしれません。
ラベル:洗濯 着替え 旅行
posted by ゆん at 17:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

シンガポールからすぐのインドネシア「バタム島」観光の紹介だよ

バタム島観光について

シンガポールからフェリーで1時間、インドネシアのバタム島に来ています。
帰りのフェリーの待ち時間を使って得られたノウハウをブログに書いてみたいと思います。

まずは、行き方の紹介です。

◆バタム島への行き方
朝早起きして地下鉄に乗ってHarbourfront駅に行きます。
7時20分ごろに到着し、フェリーのチケット売り場へ行きます。
チケット売り場は各社が設けているのでネットで時刻表を見ながら好きな会社を選びます。
今回はSINDOフェリーを選択。2Fに上がって黄色いカウンターで「バタムセンター」と告げて、8:00発の往路便の時間を指定し、往復のチケットを買います。
49S$でした。

出国ゲートに並びます。
まず最初にチケットとパスポートを確認され、次はイミグレーションに並びます。
右側に自動化ゲートみたいなのがあるのですが、良く分からないので普通の「ALL PASSPORT」の列に並びました。
最後に手荷物検査です。

今回は通過に20分くらいかかりましたので余裕を見てチケットを買うと良いと思います。

待合室では大きなディスプレイに便名とゲートとステータスが出るので、それを見ながら待ちます。
この辺りは飛行機と同じです。
IMG_2862.JPG

1時間くらいかけてバタムセンターまで来ました。船はほとんど揺れませんでした。
IMG_2864.JPG
到着後は入国審査です。
以前はVISA代として10米国ドルがかかったらしいのですが、今回は無料でした。
この辺は事前にインドネシア大使館のHPでチェックしておくと良いと思います。

入国時に目的や今後の行動について結構根掘り葉掘り聞かれました。
観光でないとVISAが必要なので、「観光だ、すぐに帰る」という事を主張し続けます。


◆バタム島の歩き方
イミグレーションを通過したらフェリーターミナルに着きます。

出口の目の前に現地通貨への交換所が並んでいます。バタム島ではインドネシアルピアしか通用しないので入手が必要です。私は交換所の左のATMでクレジットカードを使って引き出しました。ただ、50,000ルピア札しか出てこないのでその辺で水でも買って小額紙幣も手に入れておくと良いでしょう。
ちなみに日本円への換算イメージは0を2個取ると良いでしょう。50,000ルピアは500円位です。(実際は450円位?)

さて、移動ですが、公共交通機関がタクシーしかないのにタクシーの運転手は英語が通じなくてメーターもありません。ここが一番の関門でしょう。

私は行先を現地の人にでもわかる形でスマートホンで写真に撮っておいて、その写真を見せる事でクリアしました。逆に言うと事前に行先を絞っていないと無理ですね。

バタム島には観光地らしい観光地は有りません。なので、現地の空気を楽しむつもりで行くのが良いと思います。例えば現地での最高の観光地と言われているのは橋です。何か特別な橋かと言うと全く何の変哲の無い橋です。見ても仕方ないですよね。
私は今回、フェリーターミナルそばのモスクと、仏教寺院とNAGOYAのショッピングモールとその隣のモスクへ行って、それからマッサージを受けて帰ってきました。


◆観光
フェリーターミナルからGoogleマップを使って近くのモスクを目指します。
塔が特徴的なので興味が湧いて歩いて行ってみました。
しかし結果から行くと別に行かなくてもよかったかなと言う感じです。

次に仏教寺院を目指しますが、タクシーはいくら待っても空車が通りがかりません。
そうすると、バイクが合図を送ってきます。ですので、手を挙げて応じます。スマホの写真の仏教寺院を見せて分かってもらい、ヘルメットを装着して出発です。
乗っている感覚は凄い快適です。
ですが、ちょっとのアクシデントで命にかかわるので万人にはお勧めできません。ちゃんとタクシー乗った方がいいでしょう。

到着後50,000ルピア札を渡したら凄い喜んでいたのであげすぎだと思いました。
相場はちゃんと聞けばよかったです。
IMG_2879.JPG

仏教寺院は日本のお寺とは全然違うビルっぽい所です。
弥勒様の可愛い石像が並んでいるのでそれが見どころでしょうか?
中にベジタリアンレストランがあって、これは凄いお勧めなので行ったらぜひ入ってください。

ビュッフェの様になっているのでそれを皿に取ってレジで料金を払います。
日本円換算140円位でした。

次にまたバイクに乗せてもらってNAGOYAを目指します。
NAGOYAにはショッピングモールとモスクがあります。なぜNAGOYAと言うのかと言うと昔、日本人が命名にかかわったらしいのですが詳細は不明です。
IMG_2889.JPG
MAJESTYという有名なマッサージ屋があって、着いてすぐそこを目指したのですが何と満員。午後6時ならできると言われましたがその頃にはフェリーなので諦めて退散。事前に予約が大前提らしいですね。もし、バタム島へ行こうと思っている人が居たら必ず予約していきましょう。噂によるとフェリーターミナルまで送迎があるようです。

ショッピングモールの隣にはモスクがあります。
私はイスラム教徒ではないですが中を見せてもらいに行きます。
行き方が良く分からなかったのでちょっと遠回りして坂を上がっていきました。
IMG_2891.JPG
靴を脱いで中を見せてもらいましたが、お祈りしている人もいて神聖な感じがします。
IMG_2894.JPG
ショッピングモール内は特に変わったところもなくただのモールです。
IMG_2899.JPG
帰りはモールの出入り口の所にタクシー運転手がたむろっているので声をかけてフェリーターミナルまで乗せてもらいました。80,000ルピアでした。

◆所感
インドネシアは初めてだったので、バタム島観光はとても刺激になりました。しかし、また来たいかと言うとそこまでの魅力は感じませんでした。シンガポールに仕事で来る人はたまに暇な日が出来てしまいますが、シンガポール内ではすぐに飽きてしまうので国外観光せざるを得ません。でも、マレーシアに観光地があるかと言うと、バスで4時間かけてマラッカへ行くくらいしかなく難度が高いです。
ビンタン島でリゾートをする人もいますが日帰りではちょっともったいなさそうです。そういう意味で1時間で来れて日帰りで楽しめるバタム島は手軽かもしれません。
人によるとバタム島は女遊びに来る場所らしいですが、今回そういうエリアへ行かなかったために詳細は良く分かりません。でも、面倒臭いイミグレーションを超えてまでわざわざ来る意味がよくわかりませんし、そういう人もフェリーで見受けませんでした。変なトラブルに巻き込まれる前に明るいうちに退散したいですね。




posted by ゆん at 17:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

ホクホクの美味しい焼き芋の作り方

焼き芋の作り方。

焼き芋は70度前後の状態で甘くなるので、70度前後の状態がキープされるようにするのがコツです。
また、電子レンジだけだと香ばしさが出ないのでグリルで炙る事も大切です。

作り方は
まず、芋を用意します。芋は品種が重要で、「紅はるか」か「安納芋」を買ってください。
うちでは中サイズの芋が3~4本入った袋を2袋買います。2つで300円位

これを袋のまま電子レンジに入れます。600Wで10分。
開けてみて触って熱くなっていたらOKです。

さらに200Wで10分加熱します。(200Wが無ければ解凍モード)


続いてこれを魚焼きグリルに並べて焼きます。
普通網がありますが、網の上だと火に近くなってしまうので網を取って入れます
IMG_0582.JPG
ここで極弱火で15分、そして裏返してさらに15分焼きます。

出来上がりです。

※グリルは過熱すると危険なので必ず極弱火にしてください。また、忘れないようにタイマーをセットしてください。
posted by ゆん at 10:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。